名刺発注を行うことの意義やメリット

ビジネスマンや自営業の方が自身を売り込むためには、名刺を活用すると効果があります。いわゆる宣伝ツールとして活用できるものですが、名刺発注方法としてはネットサービスが最も人気があります。その理由としてまず料金が安いことと、発注が比較的簡単にできるが挙げられます。ネットサービスの特徴としては、コスト削減のひとつとしてユーザー自身がサイト上でデザイン作成を行うことが挙げられます。その手間さえかけることで、安く名刺を作成することができることになります。また自分の望むような形でデザインを作ることもできるので、周知効果を見ながらさらに効果の高いデザインを考えるといった工夫もできます。その結果、自身をより効果的に印象づけることが可能となるわけです。

ネットでの名刺発注の手順について

ネット印刷サービスで名刺発注を行う流れとしては、使用する用紙を選んで片面印刷か両面印刷かなどを決めていきます。モノクロかカラーかによっても料金は変わりますし、仕上がりの印象も異なります。初めて発注するような人であれば、簡単に必要な文字を打ち込むだけでデザインすることができます。あらかじめテンプレートとなるデザインが用意されているので、気に入ったものを選ぶだけという形になります。凝ったものにしたいのであれば、自分で画像データを用意しておいて、デザインの中に組み込むことも可能です。よりオリジナルの個性的な名刺を作ることができるわけです。サイト上の注文フォーム上で仕上がり具合を確認できるので、納得ができるものとなるまで作業を続けることもできるわけです。

料金を安く抑えるための発注方法とは

名刺を極力安く発注したいのであれば、印刷の仕組みについて知っておくことが必要です。通常のオフセット印刷であれば、まず刷版作業というものが必要になります。これはたとえ一枚だけを発注するとしても発生する料金なので、枚数が少ないほど一枚当たりの単価は高くなるというわけです。逆に枚数が多くなるほどにこの刷版料金は一枚当たりの単価が安くなっていきます。一方でオンデマンド印刷の場合には、この刷版作業が不要となりますが、単純な一枚当たりの料金は高くなります。つまり、ある枚数を境にして少なければオンデマンドが、多くなればオフセットがお得となるわけです。それを考慮した上で、発注枚数と印刷方式を選ぶことで料金を安く抑えることができるようになります。さらに納期や使用する用紙によっても料金は変わってきます。