名刺発注を行うときの注意点や気をつけたいことなど

名刺発注を行うには、大まかにふたつの方法があります。一つは製版会社に頼んでキメの細やかなサービスにより満足度の高い名刺を作ること、もうひとつはネット通販型の印刷サービスで手軽に注文する方法です。製版会社での発注は色調の調整など細かく行なっているので、希望通りの名刺を作ることが可能です。その代わりに料金もそれなりに必要となります。一方でネット印刷サービスの場合にはサイトからユーザー自身がデザインのレイアウトを作るなどの手間がありますが、格安で作成できる利点があります。ただし、注意が必要なのはコスト削減のために様々な制限を受けることになるということです。例えば使用する用紙の種類が限定されるなどのように、選択肢の幅が狭くなっている場合があります。

名刺の注文の方法に注意が必要です

ネット通販型の印刷サービスを利用した名刺発注は、大抵サイトの注文フォームからユーザー自身がレイアウトを行う形となります。パソコンから名前などの文字を打ち込むものですが、フォントサイズや位置などを調整してレイアウトを決めていきます。あるいは意味自由にできる利点はありますが、慣れていない人にとっては手間のかかる作業と言えます。デザインはあらかじめテンプレートが用意されていますが、用途に応じて選べるようになっています。格安サービスの場合には、その種類が少ないこともありますが、標準的な名刺があれば良いという人にとっては簡単に注文できるので便利でしょう。画像を貼りこむ場合にも、ファイルの種類に注意すれば簡単にアップロードすることができます。個性的な名刺が欲しい場合に役立ちます。

名刺発注の際に抑えておきたいポイント

ネット通販型の印刷サービスで名刺発注するならば、納品期間を決めるケースが多いものです。これは納品までの日数が長くなるほどに料金が安くなる仕組みとなっています。急ぎで必要としないならば、納品は最も長い期間に設定することで相当に料金を安くすることができます。逆に納品が早くなるほど料金は高くなるので注意が必要です。即日発送をアピールする格安サービスも増えていますが、安い料金で頼む場合には、色々と条件がついているので注意して見ることが大事です。個性的な名刺を作りたいのであれば、テンプレートを豊富に用意しているサービスを利用するなど工夫が必要になります。自分の目的に応じたサービスを利用することが大事なので、条件などを良くチェックすることが必要になります。